シャープ、支援案再検討

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープの経営再建を支援するため、成長資金として6000億円強を提供する案を示したことを受け、シャープは革新機構に支援を要請する方針を固めていた再建計画の再検討に入りました。

 政府系ファンドの産業革新機構は成長資金として3000億円を出資する計画で、シャープもこれを受け入れる方向でしたが、鴻海精密工業がその2倍の金額を示した事で、シャープは革新機構と鴻海の両案を改めて比較し、2月4日に開く取締役会で最終判断する事になったものです。

 産業革新機構は赤字の元凶である液晶部門を分社化、同じく産業革新機構が出資するジャパンディスプレイと統合する方針ですが、鴻海精密工業は総額6000億円強の支援の全てを成長資金に充て、事業売却はせずに再建を目指す考えを伝えたと言う事です。

 鴻海はどうしてもシャープを手に入れたいようです。その支援策は産業革新機構より魅力的ですが、シャープはどうするでしょうか?。そして、産業革新機構は新たな提案をするかどうか。