ホンダ、初の世界生産500万台超え

 ホンダが28日発表した2017年3月期連結決算(国際会計基準)によると、営業利益は円高の進行で2800億円以上押し下げられながら、前期比67%増の8407億1100万円だったそうです。

 純利益は前年比79・0%増の6165億円。アメリカや中国での新車販売が好調で、2016年度の世界生産台数は前年度比6.9%増の505万9847台で、4年連続で過去最高を更新して初めて500万台の大台を突破しました。また、タカタ製の欠陥エアバッグ関連のリコール費用が減少したのも営業利益の大幅ましに寄与しました。

 研究開発費は自動運転などの先端技術向けも含め、前年比1割増の7500億円としています。

 国内生産は前年度比6.5%増の81万377台で3年ぶりのプラス。海外生産も同7%増の424万9470台で過去最高を記録するなど、ホンダ好調です。N-BOXも軽自動車の新車販売ランキングで13ヶ月連続トップですし、昨年復活したスーパーカー「NSX」も想定を上回る注文が来ているそうです。