工場排水からレアメタル

 微生物を閉じこめたバイオカプセルを使い、工業排水などに含まれるレアメタルを低コスト・短時間で回収する新技術を森下仁丹が開発しました。

 森下仁丹は、ビフィズス菌のサプリメント開発で培った技術を応用し、回収用のカプセル(直径2~3ミリ)を開発。微生物を高濃度に詰めたカプセルを装置に入れ、その装置を工場の排水設備に組み込んで排水を通す事で、カプセル内の微生物にレアメタルが取り込まれ、カプセルを取り出して燃やすとレアメタルが回収できるという仕組みです。

 森下仁丹と三菱商事は、開発した装置を全国の工場に販売、またはリースする事業を今年度中に始める予定です。微生物を使ったレアメタル回収を本格的に事業化するのは国内では初めてで、世界的にも珍しく、今後海外への販売も目指すとしています。

 電子部品工場や自動車工場などレアメタルを扱う工場では、製造過程で出るレアメタルの残りかすが排水に溶け出すことが多い。これを効率よく回収できるようになれば、レアメタルの殆どを輸入に頼る日本にとっては大きな意味があります。この装置が世界的に広がって、レアメタルの効率的な利用が出来れば、レアメタルの国際価格に影響する、かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です