巨大地震で高知市3~4メートル浸水を予測

 高知県が10日に公表した独自の新予測によると、南海トラフでの巨大地震が起きた場合、高知市は3~4メートル浸水、南国市の高知龍馬空港では全域が5~10メートル水没するそうです。

 同県が内閣府の有識者検討会が3月末に公表した推計を踏まえ、見直しを進めていたもので、2005年の県による予測に比べ、浸水する地域やその深さはいずれも大幅に拡大。沿岸部の19市町村のうち、浸水の危険はないとしていた市町村役場の4庁舎が新たに浸水するとしています。また、前回も浸水危険を指摘されていた9市町村の10庁舎では、浸水の深さは従来予測の最大約9倍になっています。
 一方、検討会で30メートル超の津波が襲来するとされた黒潮町や土佐清水市では一部沿岸部などが30メートル以上、黒潮町の一部内陸部で25メートル以上水没すると予測しています。
 
 東日本大震災自体が従来の想定を超えた災害でしたから、その想定外をなくすための最悪の事態を想定する、ということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です