犬猫の夜間展示販売を禁止

 環境省は21日、犬と猫について午後8時以降の夜間展示販売を禁止することを決めました。動物愛護法の施行規則などを改正し、来年6月の施行を目指すとしています。

 新規則では、午後8時~翌午前8時は不特定多数の客が見るところに、業者が犬や猫を置くことが禁止されます。また、長時間の展示を続ける場合は、ストレス軽減のため人目に触れない時間を設けるように求め、業者が違反を繰り返した場合は営業停止などの行政処分も可能になります。

 同省によると、生まれて間もない犬や猫が健康に育つためには1日12時間以上の睡眠が必要で、睡眠時間が足りないと病気がちになったり、落ち着かない性格になったりするなどの問題点が指摘されているそうです。
 この他にも、生後3ヶ月未満で親から引き離すと、その後の精神面での生育に悪影響があると言われていますね。無駄吠えが多くなるとか、自分を人間だと認識してしまい、他の動物を怖がるようになると言う話も聞いたことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です