三省堂が校長らに現金

 辞典・事典・六法・教科書などの出版で知られる「三省堂」(東京)が、自社で発刊する英語の教科書を、採択前の申請段階だった昨年夏、全国の中学校長ら11人をホテルに集めて教科書を見せ、意見を聞いた謝礼の名目で全員に現金5万円を渡していたことが判明しました。

 これを受けて文部科学省は「採択の公正性に疑念を生じさせた」として、30日に同社の北口克彦社長を呼び、文書で厳重注意しました。

 同社同社は昨年8月23日、青森、埼玉、大阪、福岡など11府県で英語教育に精通した公立小中学校の校長や教頭ら11人を都内のホテルに招いて「編集会議」を開催。同社役員らがその場で、当時文科省が検定中だった申請教科書を見せ、意見を聞き、謝礼を支払ったと言う事です。謝礼を受け取った11人のうち5人はその後、各市町村教委などの「調査員」などに選ばれ、教科書の採択に関与してました。

 しかも、謝礼を支払ったのは昨年だけではなく、過去に6回同様な編集会議を開き、その都度参加者に謝礼を支払っていたと言う事です。

 11人の内1人は昨年8月の編集会議当日に謝礼を返金。7人は教育委員会の調査を受けるなどした後の9月に返金し、長野、岐阜、兵庫県内の3校長は返金していない事も判っています。恐らく返金していない3人は、何が悪いのか理解していないのでしょう。

 30日午前、記者会見を開いた瀧本多加志・取締役出版局長は「間違った行為で、深く反省している」と謝罪しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です