魚“非破壊”で放射能測定

 東京電力福島第一原発事故の風評被害が続く北茨城市の大津漁港で4日、風評を一掃するため、全魚介類の放射能を測定する実証実験が始まりました。大津漁協と、市を支援する企業でつくる「茨城漁業環境研究会」が実施するものです。魚介類はこれまで切り身にした一部の検体を測定する方式でしたが、県や関係企業によると、“非破壊検査”で正確な放射能測定に成功すれば、全国で初めてとなります。

 測定装置は試作機ですが、非鉄金属大手「古河機械金属」(東京都千代田区)が開発したもので、高密度で放射線エネルギーの吸収に優れた独自のシンチレータ結晶を使用し、発泡スチロールのケースに水揚げされた状態の魚介類を入れ、ベルトコンベヤーに乗せて通過させるだけで放射線を光に変えて検知する仕組みになっています。

 県が行っているゲルマニウム半導体検出装置による検査は、魚を切り身にした上で30分~1時間かかりましたが、試作機は切り身にする必要がなく、その上20キロ・グラムの魚の放射能を15秒程度で下限20ベクレル(1キロ・グラムあたり)まで測定できます。
 今後3か月、同じ魚を使って、試作機とゲルマニウム半導体検出装置で測定を重ね、結果を突き合わせて精度を確認することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です