豊洲市場で初競り、マグロが3億3360万円

 昨年10月に築地から移転して、今回初めて新年を迎える豊洲市場で5日、初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロが3億3360万円で落札されました。

 初競りの一番マグロは毎年高値で落札され、世間の注目を集めますが、3億3360万円は2013年に記録した最高額1億5540万円の倍以上。落札されたクロマグロは278キロで、1キロ当たり約120万円の計算になります。2013年のマグロは222キロで、1キロ当たり約70万円でした。

 落札したのは、すしチェーンの「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村。2012年以降毎年一番マグロを高額で落札するのが恒例で、2013年の1番マグロも落札しています。

 しかし、2013年にの落札額が余りに高額だったため、翌年以降競り合っていた香港の寿司チェーンが参加せず、2014年は736万円と落札額が一気に下落。2015年も451万円と、更に低下しましたが、築地最後の初競りとして盛り上がった(ただし、小池都知事の判断で豊洲移転が延期になったため、最後にはならなかった)2016年に再び1400万円に高騰。2017年は回転寿司チェーンの大手元気寿司が初競りに挑み、築地すし好との三つ巴で7420万円となっていました。

 今年は、どこが喜代村と競り合ったんでしょうか?。この値段が付くと言う事は、余程資金力の豊富な大手が参戦したのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です